世界名作劇場!テンダータウン


HOME > 名作アニメの杜 > 赤毛のアン > 各話一覧 > 第4章

赤毛のアン

Anne of Green Gables

『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by 夏ミトン
illustrated by 夏ミトン
赤毛のアン(1) [DVD]
巻数
第01巻
DVD品番
BCBA-0090→3607
発売日
1999年03月25日
収録時間
128分
ディスク
片面2層
ファイル
ドルビーデジタル
音声種別
モノラル
字幕
日本語(ON/OFF)
税別定価
¥3,800→¥1,800
メーカー
バンダイビジュアル
HP
詳細ページ ※外部
スタッフ/データ
演出
高畑勲
演出助手
楠葉宏三
脚本
高畑勲
場面設定
宮崎駿
画面構成
宮崎駿
背景
スタジオ・アクア
石橋健一
美術助手
山本二三
仕上検査
保田道世
制作進行
星出和彦
作画
篠原征子
富沢信雄
新川信正
岡豊
オープロダクション
村田耕一
才田俊次
友永和秀
本放送日
1979/01/28
視聴率
19.1%
登場人物/キャスト等
あらすじ
第4章

アン・生立ちを語る

[01:25]Aパート
マリラはスペンサー夫人の家へ向け、アンを乗せて馬車を出します。
グリーン・ゲイブルズを出ようとするとマシュウは、畑のことなら手伝いを雇ったとマリラに伝えてきましたが、マリラの気は変わりませんでした。

アンは家のほうを振り返って、名前をつけた花や木、そしてマシュウにお別れを告げました。
アンはしばらくの間黙っていましたが、馬車が小さな橋を渡って小道から街道に出ると急に喋り始めました。

「あたし、このドライブを楽しむことに決めたわ」
「楽しもうと決心すれば大抵いつでも楽しくできるものよ」
「せっかくドライブしてるんですもの」

「孤児院に帰ることは考えないでドライブのことだけ考えるわ」
マリラ目を丸くして驚きます。
「あら、早咲きの野バラよ」

「きれいね~」
「きっとバラに生まれてよかったって思ってるでしょうね」
「もしバラに口がきけたら素敵ね」

「きっととてもきれいなお話をしてくれると思うわ」
「それに、ピンクって世界で一番魅力のある色でしょう?」
「あたしピンクが大好きだけど、着るわけにはいかないの」

「赤い髪をした者は、ピンクのものは身につけられないんだもの」
「小さい時髪が赤くて大きくなってから髪の色が変わった女の人、おばさん知ってらっしゃる?」
「いいや知らないね」

「それにあんたの場合、そんなことはおそらく起こらないだろうね」
アンの表情が曇っていきます。
「ああ… これでまた希望がひとつ消えたわ」

「あたしの一生は完全に“うずもれた希望の墓場”だわね」
「これ本で読んだ言葉なんだけど、がっかりするたびに繰り返し言ってみて自分を慰めるのよ」
「それがどうして慰めになるのかあたしには分からないね」

「あら、だってとても素敵でロマンチックな言葉でしょう?」
「まるで自分が物語のヒロインになったような気がするんですもの」
マリラの顔が呆れたような表情になります。

「今日も“きらめきの湖”を渡っていくの?」
「バリーの池は通らないよ」
「それがあんたの言う“きらめきの湖”ならね」

「今日は渚の道を行くんだよ」
「渚の道って素敵ね」
「渚の道っておっしゃったとたん、パッとそこの景色が目に浮かんだわ」

「ホワイト・サンドまではどのくらいあるの?」
「5マイルだよ」
「あんた、どうやら喋るのがよほど好きなようだから、どうせなら自分の身の上を話してごらん」

「あら、自分の身の上なんて喋る値打ちがないわ」
「自分について想像してることを話した方がずっと面白いっておばさん思うわよ」
「いいやぁ あんたの空想なんかまっぴらだよ」

「ありのままの事実だけを話すんだよ」
「最初から始めなさい」
「生まれはどこで、年はいくつなの?」

「・・・・・」
アンの口がピタリと止まります。
「どうしたんだね?」

「さ、話してごらん」
「イヤよ!」
「そんなこと話したってしょうがないんだもの」
マリラはアンの剣幕に驚きます。

「今あたし、そんなこと思い出したくないの」
二人は沈黙してしまいました。
すると道の傍らに一人の主婦が現れ近づいてきて、マリラは馬車を止めます。

[06:25]POINT
「おや、この子だね? 孤児院から引き取ったっていうのは」
「でも確かレイチェルの話じゃ男の子だって聞いたがねぇ」
「男の子と女の子を間違うなんて、しっかり者のレイチェルらしくもないねぇ」

「いやねぇ そうじゃないんだよ」
「実はちょっとした手違いでね、男の子の代わりにこの子が来てしまったんだよ」
「おやまあ~そりゃとんだ災難だったねえ」

「だけどなんでそんなことに」
「それが分からないで弱ってるんだよ」
「これからホワイト・サンドまで行って、スペンサーの奥さんにどういうことなのか聞いてみようと思ってねぇ」

「やれやれ…まぁ間違いなら孤児院へ送り返すしかないだろうけど…この子もかわいそうにねぇ~」
「悪いけど急ぐから…」
ここでアンは急に馬車をおりてしまいます。

「まあ! どうしたっていうんだね!」
アンは草原を走って行ってしまいます。
「アン!」「アン!」「戻っておいで!」
「アーン!!」

アンは壊れた柵に座りこんで動かなくなってしまいました。
ご婦人とマリラの間に気まずい空気が流れます。
「悪かったねぇ つまんないこと口にしちまって」

「じゃ私は急ぐから」
ご婦人はそそくさと逃げてしまいます。
マリラは動かず、じっと馬車の上で待ちました。

アンもマリラも動かず、馬車の馬が黙々と道端の草を食べています。
しばらくしてアンは空を眺めるようになり、またしばらくすると馬車のほうに向かって歩き始めます。
「ごめんなさい、おばさん」

アンは馬車に乗ります。
「もう大丈夫、すねたりしないわ」
「私も悪かったよ、あんたの気持ちも考えないで」

「あたし、おばさんに自分のことを話すわ」
「初めからありのままを全部」
マリラはアンのことをじっと見つめ、何も言わず馬車を出します。

「あたし、ノヴァスコシアのボリンブロークで生まれたの」
「この3月で11才になったわ」
「お父さんの名前は、ウォルター・シャーリー」

「ボリンブローク高校の先生だったの」
「お母さんはバーサ・シャーリー」
「ウォルターもバーサも美しい名前でしょう?」

「両親の名前が素敵だったので、あたしとてもうれしいわ」
「もしお父さんの名前が ええと…ペパーミントなんていうんだったら、ほんとに恥ずかしいんじゃないかしら?」
「行いがちゃんとしていれば、名前なんかどうだって構わないと私は思うがね」

「そうかしら?」
「いつかバラはほかの名前がついていたとしても、やっぱりいい匂いがするだろうって書いてあるのを読んだことがあるけど…あたしは信じられないわ」

「もしバラがブタ草とかアザミという名前だったら、今みたいに素敵でなくなると思うの」
「お父さんがペパーミントという名前だったとしたら、やっぱりあたしがっかりすると思うわ」
「やれやれ…名前のことはそれくらいでいいよ」

「両親の話に戻っておくれ」
アンは無言で頷きます。
「お父さんと結婚するまでお母さんも同じ高校の先生をしていたの」

「2人は結婚すると、ボリンブロークで小さな黄色い家に世帯を構えたんだって」
「あたしその家見たことないけど、何千回も想像したわ」
アンは目をつぶって手を組み、想像しながら話します。

「その家は、きっと客間の窓の上にはスイカズラがはってて、前庭にはライラックが、そして門のすぐ内側にはスズランが咲いていたと思うの」
アンは目を開けて言います。
「そうよ、あたし目をつむらなくてもその家がはっきり目に浮かぶわ」

「窓にはモスリンのカーテンがかかってるの」
「だってモスリンのカーテンをつけると、とても家が引き立つんだもの」
(おぎゃぁ おぎゃぁ…)

「あたしその家で生まれたの」
「トマスのおばさんは、あたしみたいな無器量な赤ん坊は見たことないって言ってたわ」
「あたしってやせっぽちでちっちゃくて、目ばかりギョロギョロしてたらしいの」

(おぎゃぁ おぎゃぁ…)
「もっともあたし、今でもそうだけど…」
マリラは笑みを浮かべます。

「でもね、お母さんはあたしのこと美しいと思ったんだって」
「お手伝いに来てくれるおばさんより、実の母親の方が正しい判断を下せると思わない?」
「親は子供がかわいいから、美しくも見えるだろうよ」

「どっちにしてもお母さんがあたしを気に入ってくれて嬉しいわ」
「お母さんをがっかりさせたと思うだけで、あたしとても悲しいだろうって気がするの」
「何しろお母さんはそれから間もなく死んじゃったんですもの」

「あたしが生まれて3か月たった時に、熱病で亡くなったの」
「あたしが“お母さん”と呼んだことを覚えていられる頃まで、生きていてくれたらよかったのにと思うわ」
「“お母さん!”っていうのは、とても気持ちのいいことでしょうね」

「あたしお話を読んでいて“お母さん!”っていう所があると、その人になったつもりで口に出してみるのよ」
(無邪気な明るい声で)“お母さん!”とか」
(甘えた声で)“お母さま~”とか」
(泣き虫の声で)“ママ~!”とかね」

「でも…本当のお母さんに向かっては、一度も“お母さん”って呼べなかったと思うの」
「3か月の赤ん坊じゃ無理ですものね」
「お母さんが亡くなってから4日後に、お父さんも熱病で死んだの」

「トマスのおばさんの話だと、みんな赤ん坊のあたしをどうしたらよいか途方に暮れたらしいの」
(おぎゃぁ おぎゃぁ…)
「ね、その時だってあたしを欲しがる人なんか誰もいなかったのよ」
「あたしはそういう運命にあるんだわ…はぁ」

アンの話は、ここでしばらく途切れた。 マリラは、もう先をうながすこともせず、アンの話し始めるのを待っていた。

[14:45]Bパート
馬車は海岸が見えるところまでやってきました。
アンは、母親への思いから覚め、小さくため息をつくと、海の彼方へ目をやりながら続きを話し始めた。 そして、それまでと同じように話は時々横道にそれたが、つらかった生い立ちを語らねばならないアンにとって、それはどうしても必要な息抜きのようなものであった。

「お父さんとお母さんが死んじゃって、みんな途方に暮れたのは、2人の出身地が両方とも遠くて、親戚も誰もいなかったからなの」
「それで結局、手伝いに来てくれていたトマスのおばさんがあたしを引き取ると言ってくれたんだって」

「大変な貧乏で、大酒飲みのだんなさんがいたのに」
「あたしが8つになった時、トマスさん一家はボリンブロークからメルスヴィルに引っ越したの」
「あたし、そこで、トマスさんの子供たちのお守りをするの手伝ったわ」

引越しトマスさん一家&アン illustrated by ある名作ファン
illustrated by ある名作ファン

「あたしより年下の子が4人いたのよ」
「あたし小さかったから大変だったわ」
「だって、トマスのおばさんはやっぱり毎日よその家へ働きに出かけたし、おじさんは赤ん坊が泣くとあたしを怒鳴るの」

「それからトマスのおじさんが汽車にひかれて死んだの」
「酔っぱらって線路に落ちたの」
「おばさんがあたしをどうしたらいいか途方に暮れているところへ、川上からハモンドのおばさんがやって来たの」

「あたしが子供の扱いに慣れているのを知って、ハモンドのおばさん、あたしを引き取ると言ってくれたの」
「で、あたし、川上の切り株だらけの狭い開墾地で、おばさんと一緒に暮らしたの」
「とても寂しい所だったわ」

「想像力がなかったらとても住めなかったと思うわ」
「ハモンドのおじさんは、その近くで小さな製材所をやっていたの」
「おばさんは8人の子持ちだったわ」

「でも、そのうち双子が3組もあったのよ」
(おぎゃぁ おぎゃぁ…)(おぎゃぁ おぎゃぁ…)
「あたし赤ん坊はかなり好きなたちだけど、双子が続けて3組じゃあんまりでしょう?」
「最後の双子が生まれた時、あたしおばさんにはっきりそう言ってやったわ」

「いつもだっこでくたびれちゃうんだもの」
「2年ちょっと川上に住んでいたんだけど、おじさんが死んじゃうと、おばさん家をたたんじゃったの」
「それから子供たちをあちこちの親類の人たちにやって、アメリカに行っちゃったのよ」

「誰もあたしを引き取ってくれなかったので、あたし…仕方なしにホープタウンの孤児院に行ったの」
「でも…本当は孤児院でも引き取りたくなかったの」
「もう満員だったんですもの」

「そこに半年近くいたら、スペンサーの奥さんが来て下さったの…はぁ」
アンが暫し沈黙したところでマリラが尋ねます。
「学校へ行ったことはあるのかい?」
「ええ」

「でも、あんまり行ってないの」
「川上に住んでいた時は学校が遠すぎて、冬は歩いて通えなかったし、夏は休みで学校がなかったの」
「だからあたし、春と秋だけしか行けなかったのよ」

「でもあたし、本を読むのはかなり上手だし、詩もたくさん暗記してるわ」
「それにあたし、お父さんとお母さんの形見の本をずっと大事にしてたの」
「それでずいぶんいろんなこと覚えたわ」
「でもその本、孤児院に入る前に、間違えてガラクタと一緒に捨てられちゃったの」

[20:15]POINT
再度アンが沈黙し、マリラが尋ねます。
「その…んー その女の人たち… トマスやハモンドのおばさんは、あんたによくしてくれたのかい?」
「え? ええ…」
アンは言葉を詰まらせます。
「あら、2人ともそのつもりはあったのよ」

「できるだけ親切によくしてくれるつもりだったんだと思うわ」
「よくしてくれるつもりがあったんだもの、それが分かってればいつもそうはいかないことがあっても、大して気にはならないものでしょう?」

「それでなくても2人とも苦労がたくさんあったんだもの」
「大酒飲みのだんなさんを持つのはとてもつらいことでしょう?」
「続けて3回も双子ができたら、大変に違いないだろうって思わない?」
「でも2人とも、あたしによくしてくれるつもりがあったことは確かよ」

マリラはそれ以上何も聞かなかった。 アンは一言も言わず、目の前に広がる海に見とれ、マリラは上の空で栗毛の馬を操りながら、深い物思いに沈んでいた。

馬車は渚の道をゆっくり進み、並行するように海では帆船が進んでいます。
「海って素晴らしいわね」
「いつかトマスのおじさんが、急行馬車を雇って、あたしたちみんなを海岸まで連れて行ってくれたことがあるの」
「子供たちの世話はあったけど、一日中ほんとに楽しかったわ」

「それから何年もその楽しい日のことを夢に見たわ」
このときカモメの鳴き声が聴こえてきて、アンはカモメが飛んでいる姿を眺めます。
「まあ!」

渚の道 illustrated by ねっつん
illustrated by ねっつん

「素晴らしいカモメたちね」
「おばさん、カモメになりたくない?」
「あたしなりたいわ」

「日の出に目を覚まして、水の上に舞い降りてくるの」
「そして一日中、あの青い海の上を遠くまで飛んでいって、夜になると巣に戻ってくるなんて素敵だわ」
大きな建物を目にしてアンの表情が変わります。

「あの真正面の大きな家は何なの?」
「ホワイト・サンドホテルだよ」
「夏のシーズンになると、アメリカ人が大勢避暑にやって来るんだよ」

「わぁぁ… スペンサーさんの家かと思ったわ」
「あそこに着くのはイヤ、これで何もかもおしまいになってしまうような気がするんだもの」
「・・・・・」

しかし、そんなアンの願いをよそに、馬車はスペンサー夫人の家のあるホワイト・サンドに向かって軽快に走り続けた。

[24:15]予告
スペンサー夫人は話の行き違いにただ戸惑うばかり。 そんな時、アンをもらいたいというお婆さんが現れます。
次回『赤毛のアン』第5章 「マリラの決心」お楽しみに。

※予告時のタイトル
 実際の第5章のタイトルは「マリラ決心する

[24:30]エンディング