世界名作劇場!テンダータウン


HOME > 名作アニメの杜 > 赤毛のアン > 各話一覧 > 第1章

赤毛のアン

Anne of Green Gables

『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by 夏ミトン
illustrated by 夏ミトン
赤毛のアン(1) [DVD]
巻数
第01巻
DVD品番
BCBA-0090→3607
発売日
1999年03月25日
収録時間
128分
ディスク
片面2層
ファイル
ドルビーデジタル
音声種別
モノラル
字幕
日本語(ON/OFF)
税別定価
¥3,800→¥1,800
メーカー
バンダイビジュアル
HP
詳細ページ ※外部
スタッフ/データ
演出
高畑勲
演出助手
馬場健一
脚本
千葉茂樹
高畑勲
場面設定
宮崎駿
画面構成
宮崎駿
背景
スタジオ・アクア
西原繁男
仕上検査
小山明子
制作進行
照井清文
作画
篠原征子
富沢信雄
新川信正
オープロダクション
村田耕一
才田俊次
友永和秀
本放送日
1979/01/07
視聴率
19.7%
登場人物/キャスト等
あらすじ
第1章

マシュウ・カスバート驚く

[01:25]Aパート
今からおよそ80年ほど前、 19世紀も終わりに近づいたある6月のこと、 カナダ本土からプリンス・エドワード島へ向かう連絡船の上で赤い髪をしたひとりの少女が、 島での生活を夢みつつ希望に胸をふくらませていた。 物語は、この島の“グリーン・ゲイブルズ”と呼ばれる家に住む年老いた兄と妹が、 孤児院から男の子をもらい受けようと決心したことから始まる。

今しも兄のマシュウ・カスバートは身につかぬ晴れ着を着こみ、 孤児院から連れてこられるはずの男の子を迎えにブライトリバーの停車場に向かってのんびりと馬車を進めていた。 マシュウは人前に出るのが大の苦手で、 特に女性という不思議な生き物はたとえ子供であっても恐ろしかった。 60才の今日まで独身を通してきたのも、おそらくそのためであろう

一方、マシュウの妹マリラもまた結婚もせず、 変わり者の兄を助けて“グリーンゲイブルズ”と呼ばれるこの家を、今日まできりまわしてきたのであった。 マリラは今、男の子を迎え入れる準備に忙しい。

折しもマシュウの時ならぬ晴れ姿を見かけたレイチェル・リンド夫人は、 この地味なお隣に一体何が起ころうとしているのかマリラに問いただそうと“グリーンゲイブルズ”へと駆けつけた。

「何ですって! 孤児院から男の子を?」
レイチェル・リンド夫人はマリラの話を聞いて、しばし唖然としてしまいました。

「レイチェル、実を言うとこれについちゃずっと考えてきたんだよ」
「去年の暮れ、スペンサーの奥さんにお会いしたとき春にホープタウンの孤児院から女の子をもらうつもりだって聞いてね」
「でも、なにもあんたたちまで その年になって…」

「それなんだよ、レイチェル」
「兄さんももう年だから前みたいに元気がなくなっちまっただろう?」
「うん…」

「だから10か11ぐらいの男の子をもらい受けてちゃんとした家庭と教育を与えてやれば、きっといい働き手になってくれるんじゃないかって考えたんだよ」
ポーン…と時計が鳴ります。
「あら、もう汽車の着く時間だ」

「ブライトリバー!」
駅に汽車が到着し、アンとともにスペンサー夫人が降りてきます。
夫人の役目はここまでで、駅長さんにアンを託して汽車に戻っていきました。

「おばさん ありがとう!」「リリー 元気でね!」
「お行儀に気をつけて 良い子になるんですよ!」
「うん!」

グリーンゲイブルズではリンド夫人の講義が始まりました。
「ねえマリラ、はっきり言わせてもらえば、あんたたちはとんでもないマネをしでかそうとしてるんだよ」
「見も知らぬ子を家へ入れる、それも人頼みで」

「そりゃあたしも少しは気がかりだったよ」
「だけどねぇ、スペンサーの奥さんは信用のおける人だし…」
「今度のことについちゃ兄さんがひどく熱心でねぇ」

「だけど孤児院の子はいけないよ」
「つい先だってもモリソンの孤児院から来た子がやったって話を聞いたがね…」
「井戸の中に毒薬を投げ込んだんだよ、すんでのところで一家全滅しかけたっていうじゃないか」
「もっとも、それは女の子だったらしいけどね」

「ふう…」
「あら、うちは女の子をもらうんじゃないんだよ」
「まさか女の子なんか…」

リンド夫人は家に帰っていきましたが、彼女にはカスバート兄妹が子供を育てるなんてとても考えられないことであり、みなしごの方がかわいそうだと同情するほどでした。

アンは駅で迎えを待っています。
「ふう・・」

駅で待つアン illustrated by はいぱああろあ
illustrated by はいぱああろあ

マシュウは懐中時計で時間を気にしつつ馬車を進めています。
やがてブライトリバー駅に着いたマシュウは駅のホームに上がる前に靴についた泥を落とすため階段に靴底をこすり付けます。
その音を聞いたアンは迎えが来たと思って「あっ」と立ち上がります。

マシュウはちらっとアンを見るものの別の用事があって来たという感じでアンとは反対側にあるベンチに座りました。
どうやら迎えじゃなかった模様でアンはカッガリし、元のように座って待つことにしました。

しかしアンはもしかしたらと思ってちらちらとマシュウのほうを見るのでマシュウはその視線が気になって目をそらします。
マシュウはそれをごまかすように懐中時計に目をやります。

すると懐中時計はいつもと様子が違うようで、マシュウは時計を振ってみたり耳を近づけて音を聞いてみたりします。
「ん?」
懐中時計は止まっているようです。

マシュウは駅舎に入って駅長さんに尋ねます。
「あの…5時半の汽車は?」
「カスバートさんかね? 遅かったな」
「もう30分も前に行っちゃいましたよ」

「え? じゃあ、あの…」
「あんたのお客さんのことなら大丈夫 ほら、あそこに座ってますよ」
「待合室に入るように言ったんだが外のほうがいいって大まじめに言うんでね、“ここの方が想像をめぐらすゆとりがあるから”なんて… どうも変わった女の子のようですな」

「え? 女の子?」
「いやいや、違うんだ わしが迎えに来たのは その 女の子じゃないんで…」
「あの その… 実はスペンサーの…」

「その通り! あの子をスペンサー夫人が置いてったんですよ、私に頼んで」
「わからんな~ わしらは男の子を…」
「ほお~そりゃ何かの手違いらしいな じゃあ、あの子に聞きゃいいでしょう」
「え?」

駅長さんは余計な頼まれ事のために残業となっていたので、早く帰りたかったのです。
「あの子ならきっと説明してくれますよ じゃ、私はこれで」
「ああぁ ちょ、ちょっと待って あの…うぅ」

[10:50]POINT
アンは立ち上がり、マシュウのほうへと歩いていきます。
「グリーン・ゲイブルズのマシュウ・カスバートさんでしょう?」
「う…うん」
「やっぱりそうでしたのね!」
「よかったわ、お目にかかれて」

「ひょっとしたら迎えに来て下さらないんじゃないかって心配になりだしたので、いらっしゃれないわけをあれこれ考えていたの」
「もし今晩お見えにならなかったら、ほら、あの大きな桜の木に登って、あの木の上で夜を明かそうと思っていたのよ」
「ちっとも怖くないわ」

「月の光に照らされて、白い花が一杯咲いている桜の木の上で眠るなんて素敵でしょう?」
「まるで大理石の大広間に住んでるような気がするんじゃないかしら」

「それに今晩いらっしゃらなくても、明日の朝はきっと迎えに来て下さると思っていたわ」
マシュウはつい頷いてしまいます。

「遅れてごめんよ さ、カバンを」
「あら、自分で持てるわ」
「あたしの全財産が入ってるんだけど、ちっとも重くないの」

「それに、うまく持たないと取っ手が抜けるのよ」
「ほら!」
アンは取れた取っ手を見せます。
「だからコツを知ってるあたしが持つ方がいいと思うわ」

「こっちでしょう?」
アンは馬車のほうに向かいます。
「う、うむ…」

「うわぁ~、おじさんが来て下さって本当によかったわ~」
「そりゃ桜の木の上で眠るのも素敵でしょうけどね」
「でもほんとによかった!」

「長いこと馬車に乗るんでしょう?」
「うれしいわ あたし、馬車に乗るの大好きなんだもの」
「あぁ~ これからおじさんと一緒に住んでおじさんの家の子になるなんて素敵だわ~」
「あたし今までどこの子にもなったことないの、ほんとにはね」

「あら、あの馬車ね!」
アンは馬を見てすかさず馬車に乗ります。

「あたし孤児院はキライ!」「ひどい所よ」
「だって空想をめぐらすゆとりがないんだもの」
「なにしろ周りはみんな、みなしごばかりでしょう」

「そりゃあ隣に座ってる女の子が“本当は立派な伯爵の娘で小さい時に両親の所から人でなしの乳母にさらわれ、その乳母が罪を白状しないうちに死んでしまった”なんて考えるのは面白いわ」
「でも夜だけ」「昼間はそんな暇がないの」
「だから、あたしこんなにやせてるんだと思うわ」

「あたし、とってもやせてるでしょう?」
「骨の上にひとかけの肉もないんですもの」
「あたし“自分がぽちゃぽちゃ太ってて、ひじにエクボがあったらさぞいいだろう”…なんて考えちゃうの」

「はぁ」
アンの話が途切れなくて、マシュウは馬車を出すに出せないでいました。
「出していいかね?」
「ええ、お願い!」

「あたし、転げ落ちないように気をつけるわ!」
マシュウは返事代わりにか微笑みました。
「ギタップ」と言ってマシュウは馬車を出します。

[14:30]Bパート
少女は、まるで軽やかに走る馬車のリズムに合わせるかのように喜々としてしゃべり続けた。 そしてマシュウは、自分でも驚いたことに、苦手なはずの女の子のおしゃべりに耳を傾けながら、いつになく愉快な気分になっていた。

「ねえ、どうしてここの道みんな赤いの?」
「そうさのう、わしには分からんが…」
「いいわ! これから発見することが一杯あるなんて素敵だもの」
「もし何もかも知ってたら、きっとつまらないわ」
「だって想像することが無くなっちゃうでしょう?」

「でもあたし、少しおしゃべりしすぎるかしら?」
「だまってる方がいい?」
「もしそう言って下されば、すぐにおしゃべりをやめるわ」
「決心すればやめられるの 骨は折れるけどね」

マシュウはにっこりして返事します。
「いや、好きなだけしゃべっていいよ、わしは構わんから」
「まあ、うれしい!」
「きっとあたしとおじさん、ウマが合うんだわ」

「あたし、いつもうるさくってかなわないってみんなに言われるの」
「それにみんなあたしの言葉遣いが大げさだって笑うのよ」
「でも、大きな考えを伝えようとすれば言葉遣いだって大きくなってしまうわよね」
「そうさのう、それももっとものようだが」

「スペンサーの奥さんに聞いたんだけど…おじさんのグリーン・ゲイブルズの周りは、ぐるっと木で囲まれてるんですって?」
「うれしいわ、あたし木が大好きなんだもの」
「孤児院にはひょろひょろした木が2、3本、白い囲いの中にあるきりで…まるでみなしごみたいなの」

「その木を見て、あたしよくこう言ったわ…“ああ かわいそうに! もしお前たちが他の木と一緒に大きな森で暮らしていて…近くには小川が流れ 小鳥がさえずりに来てくれたら、きっとお前たちももっともっと大きくなれるのに”って」
「今朝、木を置いて来るのがとても心残りだったの」

「グリーン・ゲイブルズのそばに小川ある?」
「スペンサーさんに聞くの忘れたの」
「そうさのう あることはあるがな」

「まあ、素敵!」
「小川のそばに住むのがあたしの夢だったの」
「でもまさかそれがかなうとは思わなかったわ」

「夢が正夢になるなんて」
「今あたし完全に近いくらい幸せよ」
「だけど完全にとはいかないの…なぜって…」

アンは髪を持ち上げてマシュウに尋ねます。
「ねえ、これ何色だと思う?」
「う…ん 赤…じゃないのかね?」
「そう…赤なの…」

「ふぅ…」
「これでなぜあたしが完全に幸せになれないか分かったでしょう?」
「あたしそばかすややせてることなんか気にしないわ」
「そんなこと想像で忘れてしまえるもの」

「肌はバラ色で、目は美しい星のようなスミレ色だと思い込めるの」
「でも赤い髪はダメ」
「“あたしの髪はつややかな黒だ”“カラスのぬれ羽色をしてるんだ”と一生懸命、心の中で思ってみるの」
「でも、やっぱり赤い色は消えてくれないので胸が張り裂けそうになるの」

アンは大きなため息をつきます。
「一生ついてまわる悲しみでしょうね…」
マシュウは困惑してしまいます。

「いつか小説で一生悲しみ続ける女の子のことを読んだけど…赤い髪が原因じゃなかったわ」
「その子の髪はまじりっ気のない金色で…」
話している途中でしたがアンの様子が急変します。

[18:45]POINT
「わぁ! カスバートさん」
「カスバートさん!」
「カスバートさぁん!!」

喜びの白い道 illustrated by ある名作ファン
illustrated by ある名作ファン

白い花が満開に咲いている並木道にさしかかり、アンはすっかり見とれてしまいます。
アンには白い花の中に妖精がいるのが見えて、すっかりその世界にのみ込まれています。
並木道を通り過ぎてもアンは名残惜しそうに振り返って見ていました。

丘を越えて白い花は見えなくなり、その後もしばらくの間アンは静かに黙っていました。
マシュウはアンの様子がそれまでと全然違うことが気になります。
「疲れたかね?」
「おなかが減ったろう? だが、もうじきだよ」

「あぁ…カスバートさん、さっき通ったあの白い所 何て言うの?」
「そうさのう…“リンゴ並木”のことを言ってるのかな?」
「あれはちょっときれいな所だが…」

「きれい?」
「まあ、きれいじゃピッタリしないわ」
「美しいでもダメね…どちらも言い足りないわ ああ、素晴らしかったわ」

アンは胸をおさえつつ言います。
「ここがジーンと痛くなったの…おじさんはならなかった?」
「そうさのう、わしは別に…」

「あたしはしょっちゅうよ、しんから美しいものを見るとそうなるの」
「でもあんな素晴らしい所をただのリンゴ並木だなんて…」

「そうだわ!」
「“喜びの白い道”っていうのはどう?」
「空想的ないい名前でしょう?」
「喜びの白い道…」

「あたし、場所とか人の名前が気に入らないといつも自分で新しい名前を考えてそう思い込むことにしてるの」
「今度からおじさんも”喜びの白い道”って呼んでね!」
「うむ…」

「でもほんとにもうじき着いちゃうの?」
「そうさのう、あと1マイルぐらいだな」
「ああ嬉しいような悲しいような気がするわ」

「だってこのドライブとっても楽しかったんですもの」
「楽しいことがおしまいになると、あたしいつも悲しくなるの」
「その後でもっと楽しいことが待ってるかもしれないけど…それが大抵そうでない時の方が多いのよ、あたしの経験ではね」
マシュウの表情がにわかに曇ります。

「だけど家に着くのかと思うと嬉しいわ」
「いよいよ本当の自分の家に行くんだと思うと、またジーンとここが痛くなってくるわ」

マシュウの心もまた、ひどく痛んでいた。 この赤い髪の少女に何もかもわかってしまう時が刻一刻と近づいてくるのかと思うと、いてもたってもいられない気がした。 少女はそんなマシュウの悩みを知るよしもなく、うっとりと燃える夕陽に見とれていた。

[24:15]予告
美しく輝く湖を通り過ぎると、馬車はいよいよグリーン・ゲイブルズに着いたのです。
次回「マリラ・カスバート驚く」お楽しみに。

[24:30]エンディング