世界名作劇場!テンダータウン


HOME > 名作アニメの杜 > 赤毛のアン > キャラ等

赤毛のアン

Anne of Green Gables

『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by 夏ミトン
illustrated by 夏ミトン
キャラ等
主人公および主要キャラ
主人公の女の子。孤児。物語は10歳から。感受性が豊かでおしゃべり。
アンを引き取る兄妹の兄。当初は60歳。無口で女性が苦手。ずっと独身。
マシュウの妹。彼女もずっと独身。料理は名人級。時々頭痛を起こす。
隣に住む同い年の女の子で、アンとは「心の友」となる。読書と歌が好き。
隣に住むおばさん。噂好きでアヴォンリーのニュースは大概知っている。
ナレーション。
アヴォンリー小学校の生徒
初対面のときアンとはトラブルを起こしてしまうが、本当は紳士で優等生。
アンの同級生で自他共に認める?学院一の美人。ヒステリー&泣き虫。
アンの同級生。クィーン組の一人。家庭科が得意。
アンの同級生。口が悪くアンとは馬が合わないのでトラブルになることも。
アンの同級生。アンのことが好きになる。ギルバートとも仲が良い。
アンのクラスメートでクィーン組の男の子。
アンのクラスメートの一人。
アンのクラスメートの一人。
アンのクラスメートの一人。
アンが初めて学校に通い始めたときにクィーン学院の受験を控えていた生徒。
アンのクラスメートの一人。模範生。
アンのクラスメートの一人。絵を描くのが好きな男の子。
アンのクラスメートの一人。ムーディの妹。
アンのクラスメートの一人。
アンのクラスメートの一人。
アンのクラスメートの一人。
アンのクラスメートの一人。
アヴォンリーの人々
グリーン・ゲイブルズの働き手として雇った青年。
アンがクィーン学院に行った冬からグリーン・ゲイブルズで雇ったおじさん。
レイチェル・リンドの亭主。
教会の祭事を行うおじさん。
ヴィリアム・ベルの娘。
教会の牧師さん。
ジェーンのお父さん。
アヴォンリー小学校の先生。
アヴォンリー小学校初の女性教師。フィリップス先生の後任。
アヴォンリーに新しくやってきた牧師さん。
アラン牧師の奥さん。日曜学校の先生も務める。
ダイアナの妹。
ダイアナのお母さん。
ダイアナのお父さん。
バリー家のメイド。
ギルバートのお父さん。
アヴォンリーの郵便局の局長。
アンとともにアラン夫人に招待されたもう一人の少女。
日曜学校の生徒。
日曜学校の生徒。
日曜学校の生徒。
日曜学校の生徒。
日曜学校の生徒。
日曜学校の生徒。
日曜学校に参加する子供。
日曜学校に参加する子供。
日曜学校に参加する子供。
日曜学校に参加する子供。
日曜学校に参加する子供。
近隣の町の人々
マリラの友人。人づての依頼でアンを孤児院から連れてくる。
スペンサー夫人の娘。リリー・ジョーンズとは本当の姉妹のように仲が良い。
スペンサー夫人が孤児院から貰ってきた女の子。登場時5歳。
スペンサー夫人の弟。
ロバートの娘。
スペンサー家の近くに住む大家族一家の奥さん。アンを引き取ると言う。
ホワイトサンドに行くまでの道端で会う婦人。
ブライトリバー駅の駅長。
ダイアナの大叔母さん。
ジェネラルストア「ウィリアム・ブレアの店」の店主。
ジェネラルストア「サミュエル・ローソンの店」の女店員。
ダイアナの大叔母さん。
カーモディーにいる、カスバート家かかりつけの医師。
カーモディーにいる、バリー家かかりつけの医師。
スペンサーヴェイルという町で医師をしている。
高名な眼科の医師。
アンに毛染めを売った行商人。
ホワイトサンドのコンサートに来ていたプロの朗読家。
アンのクィーン学院での一番の友達。
アンのクィーン学院での友達の一人。
アンがクィーン学院に通う間下宿することになった家の持ち主。
下宿屋のおかみさん。
上級クラスを受け持つクィーン学院の先生。
アベイ銀行の大口債権者であるお金持ち。
グリーン・ゲイブルズを買いたいと思っている人。
記憶の中の人々
アンのお父さん。
アンのお母さん。
アンの両親が亡くなったとき、アンを引き取ったおばさん。
トマスのおばさんの旦那。
トマスのおばさんの次にアンを引き取ったおばさん。
ハモンドのおばさんの旦那。
動物
採卵のためグリーン・ゲイブルズで飼われている。
グリーン・ゲイブルズに時々現れる母子ネコ。
地名・場所
物語の舞台となっている場所がほとんど含まれているカナダ東端の島(州)。
グリーン・ゲイブルズがある村。
マシュウとマリラ、カスバート兄妹が住んでおり、アンがやってくる家。
アヴォンリーの近くにある町。買い物をするのも医師を呼ぶのもこの町。
アヴォンリーから一番近い、鉄道の駅がある町。
カナダの州の一つ。アンが生まれたボリンブロークもここにある。
スペンサー夫人が住んでいる町。
アンが生まれた町。
トマスさん一家がアンを連れて移り住んだ町。
アンがいた孤児院がある町。
アヴォンリーにある教会。
日曜日に教会で催される教育活動。
リンド夫人が話す“「毒薬を投げ込んだ」女の子”がいたところ。
ホワイト・サンドにある、アメリカ人観光客で賑わうホテル。
カーモディーにあるジェネラルストアの1つで、マシュウの行きつけ。
カーモディーにあるジェネラルストアの1つ。マシュウはあまり行かない店。
バリーさんの家の近くにある池。
アヴォンリーとホワイト・サンドとを繋ぐ道。
ダイアナたち、バリー家が住む家。
シャーロットタウンにある、主に教員資格を得るための短大。
リンゴ並木の中を通る道。アンが名付けた。
バリーの池のこと。アンが名付けた。
アンとダイアナの秘密の遊び場。ベルさんの樺の木立のこと。
近くの林の中にある窪地の泉。アンが名付けた。
アヴォンリーの学校に通うのに通った林の中の道。
グリーン・ゲイブルズとオーチャード・スロープの間の森。
もの・風習
チョコレート・キャンディーのこと。
アンが好きなお菓子。
リンゴアオイの鉢植えのこと。
グリーン・ゲイブルズに立っている大きな桜の木のこと。
「喜びの白い道」の並木や、ギルが持ってくる、など色々と登場する。
きらめきの湖(バリーの池)のほとりに立っている白い花を咲かせる木。
ミニー・メイが喉頭炎にかかったときにアンが飲ませた催吐剤。
子供がキリスト教のお祈りを覚えるための、イラスト入りのカード。
アンの帽子。古いのと新しいのがある。花でゴテゴテに飾ったりする。
欠片をダイアナが拾ったが、アンは“妖精の鏡”と名付けることに。
ダイアナが拾ったつりランプの欠片にアンがつけた名前。
マリラの持ち物である紫水晶のついたブローチ。
アンが憧れる流行のファッション。
服やカーテン等に利用される生地の一種。
服に使用される生地の一種。
服に使用される生地の一種。
服に使用される生地の一種。
アンが自然の美しさに感動したときに、想像上現れる自然物の精霊。
屋外で食事をすること。アイスクリームが振舞われる。
牛乳などから作る氷菓子。
用語
アンが最も呼ばれたいと思っている名前。
アンが小さい頃、自分がそうなんだと思っていた名前。
アンがガラスに映る自分の姿に名前をつけたく空想上の友達。
アンが山あいに住んでいた時に、こだまを女の子だと想像してつけた名前。
アンが憧れる空想上の人物。または、アンが書く物語の登場人物。
マシュウが馬車を進めるときに馬にかけることば。
アンがピッタリの名前を思いついたときする。
仲のよい友達。心の奥底を打ち明けられるウマの合う人のこと。