世界名作劇場!テンダータウン


HOME > 名作アニメの杜 > わたしとわたし ふたりのロッテ > レビュー

わたしとわたし

― ふたりのロッテ ―

I and Myself: The Two Lottes

『わたしとわたし ふたりのロッテ』 illustrated by 夏ミトン
illustrated by 夏ミトン
レビュー
評価
キャラデ 9点
シナリオ10点
C V 10点
音 楽  9点
背 景  8点
主題歌 10点
対象傾向
男性女性
とくにどちらがってことは無いようですが・・?
子供大人
年齢層にもとくに関係なさそうです。
作品傾向
現実空想
奇跡的な偶然は小説故ですが、世界観はリアルです。
日常冒険
日常生活がドキドキの冒険です(笑
悠長性急
話数が少ないため、ちょっと早い気もします。
典型斬新
他に類もなく展開を読むことが難しいです。
キーワード
女の子
家族愛
音楽
友情
学校
冒険
感動
感想