世界名作劇場!テンダータウン


HOME > 名作アニメ事典 >  > ヴォルテールの本
HOME > 名作アニメの杜 > ロミオの青い空 > キャラ等 > ヴォルテールの本

ヴォルテールの本

う゛ぉるてーるのほん
Libro di Voltaire
一般・本
特徴
イタリアに自由と平等を教えたと言われるフランスの哲学者ヴォルテール先生が書いた本。
実例
大学生でも読むのが難しいと言っていたが、アルフレドは興味津津。
その姿を見ていたカセラ教授は「時には挑戦してみることも必要だ」とアルフレドにその本を貸す。
アルフレドはシトロン親方の家でその本を読んでいたが、シトロンはそれが気に入らず本を取り上げ2ページ破ったうえ火の中に投げ入れてしまう。
アルフレドはすぐに火の中から本を取り出すが、破られた2ページは燃えてしまった。
本を返すときカセラ教授はまず読んだことに、そしてその早さに驚く。
また、燃えてしまった2ページ分をアルフレドは記憶をもとに紙に書き起こし本に挟んでおいた。
アルフレドは「先生、ありがとうございました。僕は今、興奮しています。うまく言えませんが、その本に書かれている自由と平等が僕に何かを教えてくれるようで、眠れないんです」と言う。
アルフレドが帰り、カセラ教授は同じ本を取り出し、アルフレドが書いた紙と照合してみると、ほとんど原文のままだった。
カセラ教授曰く「神は時折、特別な人間をこの世に使わすものだ。あの子は間違いなく神に特別に愛されている少年なのだ。アルフレドが大人になった時、世の中は変わることだろう。」
情報
筆者の名前「ヴォルテール」は本名と渾名をもじってアナグラムした言われているペンネームであり、本名(フルネーム)は、フランソワ=マリー・アルエ
【Francois-Marie Arouet】
関連

テンダータウンでは
ヴォルテールの本
イラストを募集しております。

サイズは横幅480ピクセル以内でお願いします。

ご寄稿はフォームからお願いします。

どうぞよろしくお願い致します。