世界名作劇場・名作アニメファンサイト【テンダータウン】
名作アニメの杜
世界名作劇場
名作アニメ
HOME > 名作アニメの杜 > 赤毛のアン
Anne of Green Gables
赤毛のアン
夢はきっと、
やさしく語りかけてくる透きとおった妖精なのね
いつでもどんな時でも思い出せばそこにいるの

『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by 夏ミトン
special thanks !! produced by 夏ミトン
赤毛のアンの制作スタッフ 赤毛のアンのキャラクター紹介 赤毛のアンの主題歌・挿入歌 赤毛のアン3chan.のレビュー 赤毛のアン関連サイト様へのリンク 赤毛のアンDVD一覧
サブタイトル DVD サブタイトル DVD
1 マシュウ・カスバート驚く 第1巻 27 マシュウとふくらんだ袖 第7巻
2 マリラ・カスバート驚く 28 クリスマスのコンサート
3 グリーン・ゲイブルズの朝 29 アン、物語クラブを作る
4 アン・生立ちを語る 30 虚栄と心痛
5 マリラ決心する 31 不運な白百合姫 第8巻
6 グリーン・ゲイブルズのアン 第2巻 32 生涯の一大事
7 レイチェル夫人恐れをなす 33 クィーン組の呼びかけ
8 アン 日曜学校へ行く 34 ダイアナとクィーン組の仲間
9 おごそかな誓い 35 夏休み前の思わく 第9巻
10 アン・心の友と遊ぶ 36 物語クラブのゆくえ
11 マリラ・ブローチをなくす 第3巻 37 十五歳の春
12 アン・告白する 38 受験番号は13番
13 アン・学校へ行く 39 合格発表 第10巻
14 教室騒動 40 ホテルのコンサート
15 秋の訪れ 第4巻 41 クィーン学院への旅立ち
16 ダイアナをお茶に招く 42 新しい学園生活
17 アン、学校にもどる 43 週末の休暇 第11巻
18 アン、ミニー・メイを救う 44 クィーン学院の冬
19 ダイアナの誕生日 第5巻 45 栄光と夢
20 再び春が来て 46 マシュウの愛
21 新しい牧師夫妻 47 死と呼ばれる刈入れ人 第12巻
22 香料ちがい 48 マシュウ我が家を去る
23 アン お茶によばれる 第6巻 49 曲り角
24 面目をかけた大事件 50 神は天にいまし、すべて世は事もなし
25 ダイアナへの手紙
26 コンサートの計画
赤毛のアンのページのトップへ
『赤毛のアン』アン・シャーリー illustrated by shoukei
special thanks !! illustrated by shoukei
制作スタッフ・データ
原作 ルーシー・モード・モンゴメリ
製作 本橋浩一
監督 高畑勲
演出 馬場健一/腰繁男/横田和善
場面設定 宮崎駿
画面構成 宮崎駿
キャラクターデザイン 近藤喜文
作画監督 近藤喜文
美術監督 井岡雅宏
撮影監督 黒木敬七
音楽 三善晃/毛利蔵人
録音監督 浦上靖夫
動画監督 前田英美
プロデューサー 中島順三/遠藤重夫
製作管理 高桑充
企画 佐藤昭司
制作 日本アニメーション/フジテレビ・別所孝治
受賞 79年厚生省児童福祉文化賞
赤毛のアンのページのトップへ
『赤毛のアン』アン&ダイアナ illustrated by 夏ミトン
special thanks !! produced by 夏ミトン
登場キャラクター・地名・用語
主人公および主要キャラ
名前 紹介 CV
アン・シャーリー 主人公の女の子。孤児。物語は10歳から。感受性が豊かでおしゃべり。 山田栄子
マシュウ・カスバート アンを引き取る兄妹の兄。当初は60歳。無口で女性が苦手。ずっと独身。 槐柳二
マリラ・カスバート マシュウの妹。彼女もずっと独身。料理は名人級。時々頭痛を起こす。 北原文枝
ダイアナ・バリー 隣に住む同い年の女の子で、アンとは「心の友」となる。読書と歌が好き。 高島雅羅
レイチェル・リンド 隣に住むおばさん。噂好きでアヴォンリーのニュースは大概知っている。 麻生美代子
ナレーター ナレーション。 羽佐間道夫
アヴォンリー小学校の生徒
名前 紹介 CV
ギルバート・ブライス 初対面のときアンとはトラブルを起こしてしまうが、本当は紳士で優等生。 井上和彦
ルビー・ギリス アンの同級生で自他共に認める?学院一の美人。ヒステリー&泣き虫。 小山まみ/*1
ジェーン・アンドリューズ アンの同級生。クィーン組の一人。家庭科が得意。 高木早苗
ジョーシー・パイ アンの同級生。口が悪くアンとは馬が合わないのでトラブルになることも。 堀絢子
チャーリー・スローン アンの同級生。アンのことが好きになる。ギルバートとも仲が良い。 青木和代
ムーディ・スパージョン・マクファーソン アンのクラスメートでクィーン組の男の子。 塩屋翼
ティリー・ボールター アンのクラスメートの一人。 川島千代子/*2
ソフィア・スローン アンのクラスメートの一人。 つるたきみこ
トミー・スローン アンのクラスメートの一人。 門谷美佐
プリシー・アンドリュース アンが初めて学校に通い始めたときにクィーン学院の受験を控えていた生徒。 江川菜子
ミニー・アンドリュース アンのクラスメートの一人。模範生。
ノーマン・キャンベル アンのクラスメートの一人。絵を描くのが好きな男の子。
エラ・メイ・マクファーソン アンのクラスメートの一人。ムーディの妹。
ガーティ・パイ アンのクラスメートの一人。 間嶋里美
エム・ホワイト アンのクラスメートの一人。
アヴォンリーの人々
名前 紹介 CV
ジェリー・ブート グリーン・ゲイブルズの働き手として雇った青年。 田中亮一/*3
マーチン アンがクィーン学院に行った冬からグリーン・ゲイブルズで雇ったおじさん。 沢りつお
トマス・リンド レイチェル・リンドの亭主。
ヴィリアム・ベル 教会の祭事を行うおじさん。 政宗一成
メアリー・ベル ヴィリアム・ベルの娘。
牧師 教会の牧師さん。 緑川稔
ハーモン・アンドリューズ ジェーンのお父さん。
テディ・フィリップス先生 アヴォンリー小学校の先生。 清川元夢
ミュウリエル・ステイシー先生 アヴォンリー小学校初の女性教師。フィリップス先生の後任。 鈴木弘子
アラン牧師 アヴォンリーに新しくやってきた牧師さん。 曽我部和行
アラン夫人 アラン牧師の奥さん。日曜学校の先生も務める。 江川菜子
ミニー・メイ・バリー ダイアナの妹。 小山まみ
バリー夫人 ダイアナのお母さん。 武藤礼子
バリー氏 ダイアナのお父さん。 依田英助
メアリー・ジョー バリー家のメイド。 中谷ゆみ
ジョン・ブライス ギルバートのお父さん。
郵便局長 アヴォンリーの郵便局の局長。 加藤正之
ロレッタ・ブラッドリー アンとともにアラン夫人に招待されたもう一人の少女。 松岡洋子
生徒 a 日曜学校の生徒。 鈴木れい子
生徒 b 日曜学校の生徒。 向殿あさみ
生徒 c 日曜学校の生徒。 野崎貴美子
生徒 d 日曜学校の生徒。 高木早苗
生徒 e 日曜学校の生徒。 杉山絹重
生徒 f 日曜学校の生徒。 池田勝
子供達 a 日曜学校に参加する子供。 角谷美佐
子供達 b 日曜学校に参加する子供。 高木早苗
子供達 c 日曜学校に参加する子供。 向殿あさみ
子供達 d 日曜学校に参加する子供。 つるたきみこ
子供達 e 日曜学校に参加する子供。 間嶋里美
近隣の町の人々
名前 紹介 CV
スペンサー夫人 マリラの友人。人づての依頼でアンを孤児院から連れてくる。 坪井章子
リリー・ジョーンズ スペンサー夫人が孤児院から貰ってきた女の子。登場時5歳。 貴家堂子
フローラ・ジェーン・スペンサー スペンサー夫人の娘。リリー・ジョーンズとは本当の姉妹のように仲が良い。 吉田理保子
ロバート・スペンサー スペンサー夫人の弟。
ナンシー・スペンサー ロバートの娘。
ブルエット夫人 スペンサー家の近くに住む大家族一家の奥さん。アンを引き取ると言う。 京田尚子
主婦 ホワイトサンドに行くまでの道端で会う婦人。 高村章子
駅長 ブライトリバー駅の駅長。 塩見竜介
ジョセフィン・バリー ダイアナの大叔母さん。 川路夏子
ウィリアム・ブレア ジェネラルストア「ウィリアム・ブレアの店」の店主。 島田彰
ルシラ・ハリス ジェネラルストア「サミュエル・ローソンの店」の女店員。 松尾佳子
ジョセフィン・バリー ダイアナの大叔母さん。 川路夏子
スペンサー医師 カーモディーにいる、カスバート家かかりつけの医師。 加藤正之
ブレア医師 カーモディーにいる、バリー家かかりつけの医師。
スペンサーヴェイルの医師 スペンサーヴェイルという町で医師をしている。 加藤正之
眼科医 高名な眼科の医師。 大山豊
行商人 アンに毛染めを売った行商人。 梶哲也
ミセス・エヴァンス ホワイトサンドのコンサートに来ていたプロの朗読家。 平井道子
ステラ・メイナード アンのクィーン学院での一番の友達。 松原雅子
プリシラ・グラント アンのクィーン学院での友達の一人。 江川菜子
下宿屋の主人 アンがクィーン学院に通う間下宿することになった家の持ち主。 辻村真人
下宿屋の女将 下宿屋のおかみさん。 高橋和枝
クィーン学院の教師 上級クラスを受け持つクィーン学院の先生。 緑川稔
ラッセル氏 アベイ銀行の大口債権者であるお金持ち。 加藤精三
ジョン・サドラー グリーン・ゲイブルズを買いたいと思っている人。 村松康雄
記憶の中の人々
名前 紹介 CV
ウォルター・シャーリー アンのお父さん。
バーサ・シャーリー アンのお母さん。
トマスのおばさん アンの両親が亡くなったとき、アンを引き取ったおばさん。
トマスのおじさん トマスのおばさんの旦那。
ハモンドのおばさん トマスのおばさんの次にアンを引き取ったおばさん。
ハモンドのおじさん ハモンドのおばさんの旦那。
動物
名前 紹介 CV
ニワトリ 採卵のためグリーン・ゲイブルズで飼われている。
ネコ グリーン・ゲイブルズに時々現れる母子ネコ。
地名・場所
名前 紹介 CV
プリンス・エドワード島 物語の舞台となっている場所がほとんど含まれているカナダ東端の島(州)。
アヴォンリー グリーン・ゲイブルズがある村。
グリーン・ゲイブルズ マシュウとマリラ、カスバート兄妹が住んでおり、アンがやってくる家。
カーモディー アヴォンリーの近くにある町。買い物をするのも医師を呼ぶのもこの町。
ブライトリバー アヴォンリーから一番近い、鉄道の駅がある町。
ノヴァスコシア カナダの州の一つ。アンが生まれたボリンブロークもここにある。
ホワイト・サンド スペンサー夫人が住んでいる町。
ボリンブローク アンが生まれた町。
メルスヴィル トマスさん一家がアンを連れて移り住んだ町。
ホープタウン アンがいた孤児院がある町。
教会 アヴォンリーにある教会。
日曜学校 日曜日に教会で催される教育活動。
モリソンの孤児院 リンド夫人が話す“「毒薬を投げ込んだ」女の子”がいたところ。
ホワイト・サンドホテル ホワイト・サンドにある、アメリカ人観光客で賑わうホテル。
ウィリアム・ブレアの店 カーモディーにあるジェネラルストアの1つで、マシュウの行きつけ。
サミュエル・ローソンの店 カーモディーにあるジェネラルストアの1つ。マシュウはあまり行かない店。
バリーの池 バリーさんの家の近くにある池。
渚の道 アヴォンリーとホワイト・サンドとを繋ぐ道。
オーチャード・スロープ ダイアナたち、バリー家が住む家。
クィーン学院 シャーロットタウンにある、主に教員資格を得るための短大。
喜びの白い道 リンゴ並木の中を通る道。アンが名付けた。
きらめきの湖 バリーの池のこと。アンが名付けた。
アイドルワイルド アンとダイアナの秘密の遊び場。ベルさんの樺の木立のこと。
ドライアドの泉 近くの林の中にある窪地の泉。アンが名付けた。
恋人たちの小径 アヴォンリーの学校に通うのに通った林の中の道。
おばけの森 グリーン・ゲイブルズとオーチャード・スロープの間の森。
もの・風習
名前 紹介 CV
チョコレート・キャラメル チョコレート・キャンディーのこと。
チョコレート・キャンディー アンが好きなお菓子。
ボニー リンゴアオイの鉢植えのこと。
雪の女王 グリーン・ゲイブルズに立っている大きな桜の木のこと。
リンゴ 「喜びの白い道」の並木や、ギルが持ってくる、など色々と登場する。
スモモ きらめきの湖(バリーの池)のほとりに立っている白い花を咲かせる木。
イピカック ミニー・メイが喉頭炎にかかったときにアンが飲ませた催吐剤。
絵入りカード 子供がキリスト教のお祈りを覚えるための、イラスト入りのカード。
帽子 アンの帽子。古いのと新しいのがある。花でゴテゴテに飾ったりする。
つりランプ 欠片をダイアナが拾ったが、アンは“妖精の鏡”と名付けることに。
妖精の鏡 ダイアナが拾ったつりランプの欠片にアンがつけた名前。
ブローチ マリラの持ち物である紫水晶のついたブローチ。
ふくらんだ袖 アンが憧れる流行のファッション。
モスリン 服やカーテン等に利用される生地の一種。
ギンガム 服に使用される生地の一種。
更紗 服に使用される生地の一種。
綿じゅす 服に使用される生地の一種。
妖精 アンが自然の美しさに感動したときに、想像上現れる自然物の精霊。
ピクニック 屋外で食事をすること。アイスクリームが振舞われる。
用語
名前 紹介 CV
コーデリア アンが最も呼ばれたいと思っている名前。
ジェラルディン アンが小さい頃、自分がそうなんだと思っていた名前。
ケティ・モーリス アンがガラスに映る自分の姿に名前をつけたく空想上の友達。
ヴィオレッタ アンが山あいに住んでいた時に、こだまを女の子だと想像してつけた名前。
コーデリア・フィッツジェラルド姫 アンが憧れる空想上の人物。または、アンが書く物語の登場人物。
ギタップ マシュウが馬車を進めるときに馬にかけることば。 マシュウ
ぞくぞくっとする アンがピッタリの名前を思いついたときする。 アン
心の友 仲のよい友達。心の奥底を打ち明けられるウマの合う人のこと。 アンダイアナ
赤毛のアンのページのトップへ
主題歌・挿入歌
世界名作劇場 主題歌・挿入歌大全集 第1集
曲名 作詞 作曲 編曲 うた disk track 歌詞
OP きこえるかしら 岸田衿子 三善晃 三善晃 大和田りつこ 1 2 11 歌詞
ED さめない夢 岸田衿子 三善晃 三善晃 大和田りつこ 12 歌詞
あしたはどんな日 岸田衿子 三善晃 三善晃 大和田りつこ 13 歌詞
森のとびらをあけて 岸田衿子 三善晃 三善晃 大和田りつこ 14 歌詞
涙がこぼれても 岸田衿子 毛利蔵人 毛利蔵人 大和田りつこ 15 歌詞
花と花とは 岸田衿子 三善晃 毛利蔵人 大和田りつこ 16 歌詞
忘れないで 岸田衿子 毛利蔵人 毛利蔵人 大和田りつこ 3 1 歌詞
ちょうちょみたいに 岸田衿子 毛利蔵人 毛利蔵人 石毛恭子 2 歌詞
歌詞は「アニメソングの歌詞ならここにおまかせ」様にリンクしています。
サイトから離れず別窓で開く場合はShift+クリック!
赤毛のアンのページのトップへ
『赤毛のアン』アン&マシュウ&マリラ illustrated by 3chan.
illustrated by 3chan.
管理人(3chan.)によるレビュー
人気傾向(男女) 男女 どちらかというと女性に人気があるようです。
人気傾向(年齢) 子供 年齢 大人 子供よりも大人のほうが楽しめるのでは!?
作品傾向(世界) リアル・写実 世界 ファンタジー・SF アンの空想以外はまさにリアルな描写です。
作品傾向(環境) ほのぼの・日常 環境 ドキドキ・冒険 ほとんど日常を描くほのぼのとしたストーリーです。
作品傾向(進行) ゆったり 進行 早っ!! いきなり年月が変わるところを除けば進行はゆったり。
作品傾向(展開) 王道 展開 斬新 まさに王道ですが、だからこそ凄い作品です。
家族愛 カスバート兄妹とアンとは血の繋がりはありませんが、その絆には何の影響もありません。アンに注がれる愛情は本当の親と変わらないものですし、アンもそれに応えます。 感動大きな感動の間には小さな感動やコミカルなシーンがちりばめられていて退屈することがありません。 涙後半は涙するシーンが多くなります。(動きがあまり無くて退屈だと仰る方も多く、個人差が大きいかもしれません。)
やさしさマリラは厳しく、マシュウは甘い。そう見えます。でもどちらも「やさしさ」ですね。アンは愛情があるからこその厳しさだと分かっているし、またマシュウのやさしさに甘えてばかりいることもない。アンの心と二人のバランスの良いやさしさが心地いいです。 癒しアンの、自然や動物を愛する心、そして空想の世界はやさしさで一杯です。マシュウの言動は観ているだけで癒されます(^^) 女の子かわいい女の子がたくさん出てきます^^ダイアナ・バリー、ルビー・ギリス、ジェーン・アンドリューズ、ジョーシー・パイ ・・・え?違うって?いやぁそれは、私の主観ですから^^ヾ
友情アンとダイアナで交わした「心の友」の誓いは注目のシーンです。某ガキ大将が軽々しく使っていい言葉ではないのです!!(笑 音楽物語を彩る音楽は重厚かつ繊細です。実は私は本編を観る前に、サントラを買って音楽だけで聴いたことがあるんですが、その時はあまりいいと思わなかったんです。でも本編で流れるBGMや挿入歌を聴くと大好きになったんです。初めての方は本編を先に!!(サントラが先なんて人は滅多にいないですよね^^;) 教養アンは完璧な女の子ではありませんでした。他の作品のヒロインに比べて欠点も結構たくさんあったりします。でも前向きに考え、努力したことによってラストのほうでは完璧なんじゃないかと思えるまでに成長してます。その過程を観るのは子供にとっていい影響があるんじゃないかと思います。
感想 おすすめ
この作品を最高峰の名作アニメだと考えていらっしゃる方が多いようです。初めて観るまで私はそれを殆ど信じてませんでしたが、今ならそう思うのも分かります。多くの作品は初回が1番面白くて、2回目3回目とだんだん面白さが薄れていくものですが、この作品は繰り返し観る毎に違った面白さを発見できるのです。
前半はアンの突拍子も無い言動にハラハラし、笑いを誘うコミカルな展開も多いです。後半はマシュウとマリラの愛情を感じる、涙を誘うシーンが多くなります。アンとギルバートが桁外れに秀才なのを除けば大きな事件など一切なく、何にも起こらないストーリー、それなのにこれだけ面白くできるというのは素晴らしいことです。
「何処が面白いの?」と言う方が存在するのも事実です。でも、そう言う方は殆ど観ないで評価しているんじゃないかと思います。派手な演出が好きだとかアクションがなきゃアニメである意味がない、などと考えている方にはそう映るかもしれませんし、そういうことから子供には退屈に感じるかもしれません。
一定の年齢(アンくらい)以上の人には概ねおすすめできる作品です。原作は「若草物語」とともに女の子の必読本と言われているくらいですし、女の子に是非観てもらいたいですね。
評価 キーポイント
キャラデザ9点 シナリオ10点 CV10点 音楽10点 背景10点 主題歌9点 1.アンはマリラと絡むと漫才に!?
2.マシュウはおじさんだけど「カワイイ^^」
3.自然や建物など美術の美しさ
赤毛のアンのページのトップへ
関連サイト様へのリンク集
赤毛のアンのページのトップへ
DVDパッケージ一覧
赤毛のアンのページのトップへ
テンダータウンのトップページへ
世界名作劇場
名作アニメの杜